◇ピクニック日和◇

男児2人育児とマンション購入にまつわること。働くことについて書きたいと思います。

出産!

次男誕生しました〜

おしるし、破水、陣痛、出産まで約4時間です、たぶん。

本当にアレヨアレヨといううちに産まれちゃいました。

次男と私の2人で頑張りました!

 

と言うのも前日旦那は飲んで帰宅。

帰宅後即就寝。

私はいつもの尿意で起きた午前1時、トイレにて、おしるしに気づく。

その後急に痛み出し念のため測ると13〜15分置きの痛み。

午前1時59分、産院に1回目の電話。

痛みが遠くこともあるから、タクシー番号控えて、入院の支度をしながら10分切ったら再連絡してとの指示。

旦那に何度か『陣痛来てるよー、次10分切ったらタクシー呼ぶからねー』と話しかけ、返事はあるものの理解はしてない様子。苦笑

すると、すぐに8分、5分、7分、5分、8分…『あ、こりゃもう産むな』と再連絡したのが3時4分。

異変に気付いて泣いて起きた長男を眠気まなこでボケている旦那に託し、1人タクシーにて産院へ。

すぐに陣痛室に入ってNST、点滴、採血と続く。(点滴の針が全然入らなくて右腕も左腕も穴だらけになりました。笑)最初の内診で子宮口は4cm、既に破水してることを告げられこのままお産になると宣告される(どれが破水だったんだ?)。

旦那に連絡するも繋がらず、思わずお義母さんに電話。状況を伝える。

陣痛の波は既に5分を切ってる。

そうこうしてるうちに8cm。 

ようやく連絡ついた旦那は話してる感じからして起き上がれないんだと諦め、やっぱり今回も1人で産むんだわと覚悟を決めた。

途中旦那から着信があり出ると、旦那のデカいイビキが聞こえてくるだけ。助産師さんと爆笑。

例の診てもらってた先生は朝にならないと出勤して来ないので当直の先生になると知らされる。(まぁそうでしょうね)

4時45分、旦那に連絡するも繋がらず。そのまま分娩台に移動。

陣痛から逃れようと腰が浮き、我慢できずに力んでしまい即全開。

助産師さんの的確な誘導で、5時9分、47.0cm、2512gで次男誕生。

 

小さいやないかーい!

3000g超えてるんと違うんかーい!

 

その後、胎盤が剥がれなくて出てこない事態に。「あと10分待って出てこなかったら最悪痛いけど手で剥がすよ」と言われ痛みへの恐怖から自分でも何となくマッサージ、助産師さんにもお腹のマッサージをしてもらう。

激しい後陣痛が何度か来て無事胎盤出てきた!(どの道痛かった!)

ただし今度は子宮収縮が悪く出血がダラダラ続くということで処置が終わらず。いろんな痛みに耐えつつ何とか乗り切った。

前回胎盤が見れなかったので、今回はどうしても見ておきたく助産師さんに持ってきてもらう。

大きい!グロい!臍帯が長い!

産まれてきた時、2重に巻かれてたらしい。

長男の時は半分くらいの長さしかなかったらしいのを聞いていたのでビックリ。

 

と、いうことで雑ですが。

私が忘れないためのメモ、備忘録的な内容でお送りしました〜